Img_21974fb8cff33b31592c8d6204b37048
出品作品「水焔ー浮游」1303×3880mm 麻紙・松煙墨



5年ぶりとなります個展が5月8日から開催となります。
水蒸気(湯気)をモチーフとした「水焔のシリーズ」の新作を中心に、人物や動物も展示いたします。
個展のサブタイトル「透目」「浮游」「器」は、それぞれ、今回出品する新作作品のタイトルです。
ご多忙のこととは存じますが、ご高覧いただければ幸いです。


■及川聡子 展 水焔-透目/浮游/器

会期:2017年5月8日(月)ー19日(金)
   11:00am〜6:30pm 最終日は5:00pmまで
会場:ギャラリーせいほう
在廊予定は、5月8日(月)、16(火)、17(水)、18(木)、19(金)となります。
ギャラリーせいほうHPはコチラ→ (Click!) 
Img_52a71aecdf9c3bb70df77a5b52cde8b6
制作中の「水焔ー透目」

“透目”は「すきま」と読みます。編み物の「すきま編み」などという時に、この透目という字が使われるようです。湯気がくるくる巻くところを描いていると、その湯気の巻く小さな空間が面白く思えてきます。編み物も、その小さな空間の穴を活かすので「透目編み」と呼ぶのでしょう。

“浮游”は浮遊と書くのが一般的でしょうけれど、水蒸気がモチーフなのでサンズイの「游」としました。「游」も遊ぶ意味を持ちますが、「遊」にはない、水に漂うようにユラユラする、泳ぐという意味も持っています。

“器”は湯気をシンメトリーにして描いた作品です。もともと「水焔のシリーズ」は縄文土器の「水焔土器」の「水焔」からタイトルにしていたので、器を描くのは自分としては必須なのでした。水の粒で出来た器が光を湛えている状態を描きたいと思って、これまで2回試みました。3度目の今回は、墨にくわえて、水干黄土と胡粉も使用して描きました。

Img_f25867a8ecd753671fdbe28bfa6e6b26

湯気以外にも、人物や動物の小品も展示予定。写真は、裏打ち前の猫です。
Img_468a3831589cc7ad1f15884d911ee0f1
出品作品「水焔ー透目」

新宿髙島屋美術画廊設立10周年記念として開催中の
「わたしの部屋ーMy Style,My Life vol.2-」に、新作2点を出品中です。
ご多忙のこととは存じますが、ご高覧いただければ幸いです。

私の出品作品は湯気をモチーフとした「水焔ー透目」と「水焔ー昇」です。
透目と書いて「すきま」と読みます。

【出品作家】
秋山 泉/今井 麗/小曽川 瑠那/出和 絵理/橋爪 彩/福本 双紅/留守 玲/及川 聡子

会期:2017年04月26日 ~ 2017年05月08日
   10:00ー20:00まで 土曜日は20:30まで 最終日は16:00まで

会場:新宿タカシマヤ 美術画廊
アクセス
〒151-8580 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2 髙島屋10F
東京メトロ丸の内線・副都心線・都営新宿線新宿三丁目駅より徒歩5分、JR新宿駅南口より徒歩5分

■ギャラリートーク:4月28日(金)午後5時より
編集者・都築響一氏をお招きし、出品作家によるトークショーも開催されます。
(私は都合により、出席叶わずとても残念です。きっと興味深い時間となるのではないでしょうか)

Img_74b7a5c97e2278c75fe56e3112c20122

HPでの告知が遅れてしまいましたが、9月5日からギャラリー和田にて、第7回三叉景が開催されています。

画像は出品作「光ノ器」の制作始めの頃のようすです。私の小さなアトリエでは床いっぱいになってしまうのでした。

会期は9月15日まで。ご多忙中と存じますが、ご高覧いただければ幸いです。

出品者:荒井経 園家誠二 及川聡子

日時:2016年9月5日(月)-15日(木) 
   11:00-18:30 日曜休廊
会場:ギャラリー和田
〒104-0061
東京都中央区銀座1-8-8三神ALビル1F 地図
TEL 03-3561-4207
FAX 03-3561-0276
ギャラリー和田HPはこちら→ (Click!) 
Img_69d46afe88ddd0fb69fb0a569e14b34d
私の「光ノ器」墨のみの作品です。
Img_16205667b5a204c2fb2013e300e02be3
正面は荒井経さんの作品。
Img_144521ed0ef2fbeb416897477cc687c4
こちらは園家誠二さんの作品です。
Img_bd85faff9864dbf536dc5a8a8a5b15f1

会場の奥のお部屋には、もう1点、私の作品が展示されています。静かに待っておりますので、お時間あれば会ってあげてください。
Img_89ec259dd0adbba68f544b0f1842f0b3

5月19日木曜日の河北新報 朝刊「微風旋風」にて5度目のエッセイが掲載されていました。
第5回目は「晴天の雪」。窓ガラスは空想のスクリーン、ということについて書きました。
告知が遅くなってしまいましたが、河北新報をご購読されている方、読んでいただけたら幸いです。

画像はブリヂストン美術館のウインドー内に展示されていた写真と作品ポスターと映る街並み。
Img_0ff3ebbbdd59ec016985fc8733301c59

お知らせいたしました「曹洞宗長泉寺の襖絵」について、展示期間の訂正があります。
5月いっぱいの公開とお知らせしておりましたが

「公開は5月24日から31日まで」となりました。

その後は年に1回程度、期間を設けて公開されるそうです。
襖絵が設置されている書院は、法要で使用される施設のため、法要が執り行われる際には、一般公開不可となるそうです。ご高覧いただける場合には、事前に長泉寺へお問い合わせくださいませ。


曹洞宗 長泉寺
宮城県角田市角田字長泉寺69
TEL:0224(62)1004
FAX:0224(63)0063