Img_7b1ca8ef5c28382163ca21122af2f0f2
本日、10月27日、彩瀬まるさんの短編集「くちなし」が発売になります。
表紙に私の「結」(薄氷のシリーズ)を使用していただきました。
作品全体こちら→ (Click!) 

文藝春秋社の編集者さんからメールいただいた時は、本当に驚きました。
ずいぶん前の作品ですし、東京では1度しか展示していない作品です。
海に流したガラス瓶入りの宛名もない手紙を、誰かが拾ってくれた、
というような、クラシックな乙女心が疼きました。嬉しかったです。

その後、彩瀬さんの過去の著作を読ませていただき、
自分の感覚に通じるところが随所にあって、2度目の嬉しさを感じました。
なぜ、私の作品を選んで下さったのか、分かる気がして、本当に嬉しく思いました。
その後、ちょうど銀座で展覧会を開催中でしたので、
彩瀬さん、担当編集者さんがお出で下さって、お話もできて、3度目の嬉しさを満喫。
Img_e81b7094c9bb60e7626c131afe1cef6e
見本は発売前にいただき、4つ目の嬉しさ。
装丁がまたとても綺麗で、半透明の紙を通してタイトルが見えたり、
印刷された文字が淡かったり、紙のテクスチャーが優しかったり、
しおりの紐も少し光沢のある、淡くて少しグレーも感じる白緑、静かな色調。
それでいて帯は鮮やかに赤く、官能的。

私が彩瀬さんの著作を読んで感じた、静かな描写と官能性の対比が、
そのまま本になっていて感動しました。
装丁というのは、言葉を触ることのできるモノに換える素敵なことだな、
と思いました。

今日はいよいよの発売日、5つ目の嬉しさです。
本屋さんで見かけて下さって、手に取っていただけたら6つ目の嬉しさ、
そして、お迎え下さったなら、7つ目の何よりの嬉しさです。
どうぞよろしくお願いいたします。


「くちなし」彩瀬まる著 文藝春秋刊
 定価(本体1400円+税)

 別れた不倫相手の左腕と暮す「くちなし」、
 運命で結ばれた恋人に会うと体に花が咲く「花虫」など繊細に紡がれる七編の傑作短編集。
 
文藝春秋社BOOKSにリンクします→ (Click!) 
 Amazonにリンクします→ (Click!)