Img_7b2fab2927ca40d8277cbeb4cef97383
まだ積雪の少ない冬です。
Img_e9ea23283f2c783a57af0456935ef9fc
お婆ちゃん、舌出てます。


新年あけましておめでとうございます。

この冬はまだそれほどの積雪もない私の周辺です。
それでも、ここ数日はぐっと気温が下がり、空は高く、空気も澄んで「冬の雲だ」と思う日々となりました。

みなさま、どのようなお正月をお過ごしでしょうか。
2014年が良い年になりますことをお祈りしております。



私自身の感覚ですと、2013年の秋ぐらいから、まだ2週間ほどしか経っていないのですが、もう2014年1月も半ばとのことで、おどろくばかりです。教えてもらえないと、暦にはついていけません。



起床→愛娘犬の散歩→愛兎息子の世話→朝食→愛娘犬の散歩→アトリエに向かう→鶏の世話→制作→昼食→制作→おやつ→制作→鶏の世話→帰宅→愛娘犬の散歩→お風呂→夕飯→→愛娘犬の散歩→愛兎息子の部屋散歩→就寝

というのが、私の1日の大まかな流れです。
動物の世話の間に制作をしたり、ご飯を食べたりしているわけです。

とりわけ多いのが「愛娘犬の散歩」となっておりますが、彼女も今年で16歳。
やや、痴呆も入ってきて「おばあちゃん、さっき行ったばかりでしょ?」と説得してもダメです。
散歩に行かない限り、落ち着いてくれません。

私は日中、山のアトリエに行きますが、自宅で仕事をするOTTOは、1日10回以上散歩に行かねばならず、ご近所さんには「1日犬の散歩をしている、おかわいそうな方」と思われているだろうと嘆いています。

Img_517db3f4f5dee323b0a2ad3403aa884f
まだ遊び足りない福。
Img_4c9f55e1d2af855c3c549fa2bf03955c
遊んで満足した福。
Img_6f06fea33868cbab66d78dcee421429f
烏骨鶏の雛時代。オレンジは男の子の印。
Img_e51ec5cda4b9760fcadc356898256f53
仲良くヒナ餌を食べます。
Img_8b85e66666eac5c3b38c6f980150f7ce
現在の烏骨鶏。美男子。

Img_14efd2f0d846dc9f9d7589f4066d46fb
群馬の画家・若林さん家からやってきた軍鶏夫婦。


これまでは、夜にサイトの更新やfacebookのことなどしていたのですが、夜はすっかり愛息子兎に占領されてしまっています。

日中、加齢のため手のかかるようになった愛娘犬にかかりきりになるので、夜だけは、自分だけをかまってほしいと、愛息子兎=福太郎が訴えるのです。

1時間以上は、福太郎をなで続けます。ちょっとネットなど読み耽ると「ちゃんと心をこめてなでれ!」と、甘噛みしてきます。いじらしいです。

2013年には山に鶏たちがやってきました。チャボ1羽、烏骨鶏4羽、軍鶏2羽です。

私はわりに鶏には好かれる性質です。
朝、私の足音を聞きつけると、みんなで大合唱して迎えてくれます。まぁ、お腹が空いているからかもしれませんけど。