Img_9b2c35e669f5b8b4c07a501165f47469
Img_0b187aefef0af6d7fa20085d4be8bdc8
Img_183c6eda36d8b51727a3a0394ceedfc3

アトリエの北側には大きな窓があります。この窓から、庭のエンジュや椿、ツツジ、山茶花など、眺めることができました。エンジュには、実を啄ばもうと野鳥も多く飛んでくるので、大変楽しい窓なのでした。
しかし、今回、増築するのはこの窓側になります。季節的には、庭木を移転するにふさわしい時期ではないようですが、仕方なく庭を大改造です。生かす木々は、ていねいに掘り起こし、移動します。


屋根よりはるかに高く育ったエンジュは倒すことになりました。父がはしごを伸ばして登り、枝にロープを結びます。下で待つ私がそのロープの端を握って、父がのこぎりで枝を切るのを待機します。もう折れるぞ、という辺りで父が「ひっぱれ!」と合図をし、私がロープを引きます。ロープで方向を定めて引くことで、枝が窓や屋根、他の庭木を痛めることのないよう、安全ルートで落下させるのです。枝を落とすたび、木はバランスを崩し揺れるので、高所恐怖症の父はずいぶんと怖かったようです。


6本ほど枝を落とすと、エンジュはスラリとした幹だけとなりました。父は木の上部にロープを結び、はしごから降りて、ロープの端を私に渡します。「木の高さと、ロープの長さは同じくらいだから、なるべく端を持ってひっぱれよ」とのこと。つまり、倒れた木はお前の手元まで届くから、ぶつからないようにしろよ、という意味です。木を倒れたばあい、木のてっぺんが来るであろう位置に、ロープの端を持って待つ私。父はチェンソーで幹の根元を切りはじめます。これは、なかなかにスリリングでした。


「ひっぱれ!」と父、私がロープを引くと、即、木は倒れて来ました。本当に、私から数センチの辺りにドシン!と。倒れた断面を見て、木目を数える父。このアトリエを建ててからずっと、一緒にいた木ですから、寂しい気持ちが湧いてくるのでした。
Img_5c5d7046235053080bfb5d45ac6b8378

アトリエの増築にあたって、切ったエンジュの木は、地面の上からでは想像もできないほど、根を生やしていると分かりました。地中に埋められたプラスチックの雨どいは、どこまでも伸びる根にしめつけられ割れていました。根は水分に濡れて、鮮やかに赤く、まるで生き物のようです。スピルバークの「宇宙戦争」の、あの宇宙植物の赤い根を想起させます。
Img_3957307d57b9dac69f82d238ca3de50c
Img_602e59ff794e088a03f29fe08a666cb1

てこの原理で持ち上げようにも、どうにも動かないので、根を掘り出してはチェンソーで切り、また掘り進んではチェンソーで切ります。

「よし!持ち上がるぞ」と父。せっかくなので、最後の持ち上げを私に譲ってくれたので、私自身が持ち上げました。
Img_0337e6c88da1bfe04f534102339b81c1

根は、まるで手を伸ばしてアトリエを包みこまんとしているようで、かなり禍々しい雰囲気を漂わせていました。しかも、よく調べてみますと、この「エンジュ」と思い続けていた木は、エンジュではなかったようで、何の木なのか判明していません。父も母もOTTOも気味悪がって、最終的には「蛸妖怪」と名付けることとなりました。
Img_fa80987122d0836960bad1e474c53b85

実家の犬、ジャーマンシェパードのムツ。私のアトリエ前の空間は、10年以上、ムツの空間でした。ムツのケージを取り払い、小屋も移動してしまって、彼は相当に嘆いています。

ここは僕の場所だから、と、整地したところを独占するムツです。何度も、これ見よがしにトイレをして、テリトリーを主張します。
Img_fac18d9ce6a69f31563a50d4f1fff0ba

ムツは、新しいケージの中には絶対に入りたくないと言ってききません。素直な性格なので、ボスである父に「入れ」と言われれば入りますが、即、出てきてしまいます。そして、父と私の増築の作業を、心底嘆かわしいという風情で眺めています。
Img_4a9654025f0f6b4bea87c4f915702c2c
自分の場所が移動されたことも不服なのでしょうし、父の第1の弟子であるはずの自分がないがしろにされ、私がせっせと手伝っているのも納得がいかないのでしょう。竹箒を使わせて欲しいと懇願しても、この通りなのです。
Img_e51c8ab9bc0c232ba46846357c03deec
わが家の愛娘犬「ネル」も、今日で15歳となりました。昨年は、虫歯で抜歯をし、全身麻酔なるものを体験してみたり、夏には、腎臓などを悪くして、倒れたりもしました。
いつかはお別れの時も来る、とは分かっていますから、10歳を過ぎてからは、ネルが体調を悪くするということをシュミレーションしてみたりはしていました。しかし、倒れられた時の不安と悲しみは、想像していた衝撃をはるかに越えていました。
点滴をして、お薬を飲んで、毎日、OTTOがポカリスエットを飲ませ続け、元気復活。お医者さんに「歳ですから、お散歩などは少しでいいのですよ」と言われたというのに、猛ダッシュで長距離散歩に勤しむほどとなりました。耳も遠く、目も白内障でよくは見えていないようですが、元気に誕生日を迎えさせることが出来て本当に良かったです。
Img_658e0d4ffa0f15a0dfb1cea821a5f200

自宅ではとにかくよく眠ります。眠り方は若い時と違って、本当に深く長く眠ります。時折、心配になって呼吸を確認するほどです。
刺激のないのもよくないだろうということで、週に1度くらいは山のアトリエに連れて行きます。山では、情報が多いらしく、あまり眠りもしません。そして、なんとも形容しがたい、なんでも受け入れてくれそうな笑顔で過ごすネルです。
Img_64aa5e7eebc49ecfd71f4631c1fe91ae

さとこちゃんは
どこだろう。
Img_127b8ad05bd7b73677b98299115eb014

きっと、
ドアのむこう
だと思うの。
Img_f458198e12570bb893cee1feb97eb019

Img_969985df04804afb197064f8d2752e82

!!!
Img_bb2110a17c8f22f50bb38106d86ff391