Img_41475b6ca17eb9378f879434e48d90c3
岩手の宮沢賢治記念館での写真

昨日見た夢の話。

結婚式に参列する私。参列者の中には、ジブリの鈴木敏夫さんや、ジブリスタッフも何人かいる。
新婚旅行に出る新郎新婦の車に、小銭を投げて祝福するということになっているので、私も五百円玉を握って待機していたのだけれども、気付くと私は新郎新婦の助手席に座っており、運転席にはウエディングドレス姿の新婦。車は黒のランボルギーニ。

「あなたはその五百円で、この車を手に入れたのよ」と、新婦が言う。

私はシルバーのインプレッサを買ったばかりということになっていて「新車のインプレッサと、この中古のランボルギーニだとどっちが良いんだろう?やはりランボルギーニが良いのだろうな、かっこいいしな」と、まったく車に詳しくない私が考えていると、新婦がすごい勢いでアクセルを踏み込み、工事ただ中の道を走り出す。

絶対、そんなところ抜けられないよ、と思うような障害物の隙間を、猛スピードで走り抜ける新婦。怖い気持ちと、感嘆する思いに翻弄されていたら、OTTOに起こされた。

あの新婦は誰だったんだろう?あんな身体能力の高い人は身近にいない。
OTTOに夢の説明をすると「それはクラリスだろう」と言う。「ジブリのひとがいたんでしょう?」とのこと。なるほど。新婦は確かに明るい髪で、細身の可愛いひとだった。個展前の切迫した気持ちが、カリオストロの城のカーチェイスのイメージに重なったのだろうか。数日前、アトリエの庭で変色した古い500円玉を掘り出したのも影響しているんだろう。

アトリエで掘り出した500円でランボルギーニを手に入れて、可愛い新婦と私はどこに駆け落ちようとしていたんだろう?起こされちゃったから分からずじまいだけれど、個展には無事たどり着きたい。

……いや、「無事」よりも、アクセルを踏み込みすぎるくらいを求めているから見た夢なのかも知れないとも思う。

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
コメントする