Img_97175803de47853bb89ecd36833ec2a3
Img_d0b6e10b0bde8a9177cb993cfe28e486

前回は寝転がってくれたモデルのMさん。寝姿だと、私がどこから見下ろすかで上下が変わる。頭を下に描いていたけれども、逆さにすると宙に浮いているようで、それもまた良いようにも思えてくる。

モデルのMさんは希望した通りのポーズを躊躇なくとってくれる。最初は感謝の気持ちが強いのだけど「もうちょっと腕を曲げてみて」とか「あと少し手を上にあげてくれる?」などと言っているうち「こうしてほしい」という自分のわがままな希望で頭がいっぱいになっていると気付く。途端に、申し訳ないような、恥ずかしいような気持ちになる。

人にモデルを頼んで描いている人は、申し訳ない気持ちや恥ずかしい気持ちをどうしているのだろう?そもそも、そんな気持ちは湧かないのだろうか?「見ていることを見られる」のは、本当にどうしたらいいか分からない、落ち着かなさの極みのような気持ちにさせられる。Mさんはそんな気持ちにさせようなんて少しも思ってはいないと分かっているのに。

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする