Img_9b2c35e669f5b8b4c07a501165f47469
Img_0b187aefef0af6d7fa20085d4be8bdc8
Img_183c6eda36d8b51727a3a0394ceedfc3

アトリエの北側には大きな窓があります。この窓から、庭のエンジュや椿、ツツジ、山茶花など、眺めることができました。エンジュには、実を啄ばもうと野鳥も多く飛んでくるので、大変楽しい窓なのでした。
しかし、今回、増築するのはこの窓側になります。季節的には、庭木を移転するにふさわしい時期ではないようですが、仕方なく庭を大改造です。生かす木々は、ていねいに掘り起こし、移動します。


屋根よりはるかに高く育ったエンジュは倒すことになりました。父がはしごを伸ばして登り、枝にロープを結びます。下で待つ私がそのロープの端を握って、父がのこぎりで枝を切るのを待機します。もう折れるぞ、という辺りで父が「ひっぱれ!」と合図をし、私がロープを引きます。ロープで方向を定めて引くことで、枝が窓や屋根、他の庭木を痛めることのないよう、安全ルートで落下させるのです。枝を落とすたび、木はバランスを崩し揺れるので、高所恐怖症の父はずいぶんと怖かったようです。


6本ほど枝を落とすと、エンジュはスラリとした幹だけとなりました。父は木の上部にロープを結び、はしごから降りて、ロープの端を私に渡します。「木の高さと、ロープの長さは同じくらいだから、なるべく端を持ってひっぱれよ」とのこと。つまり、倒れた木はお前の手元まで届くから、ぶつからないようにしろよ、という意味です。木を倒れたばあい、木のてっぺんが来るであろう位置に、ロープの端を持って待つ私。父はチェンソーで幹の根元を切りはじめます。これは、なかなかにスリリングでした。


「ひっぱれ!」と父、私がロープを引くと、即、木は倒れて来ました。本当に、私から数センチの辺りにドシン!と。倒れた断面を見て、木目を数える父。このアトリエを建ててからずっと、一緒にいた木ですから、寂しい気持ちが湧いてくるのでした。

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする